太る・痩せるの原因や理由を知っておきましょう!

体重計

女性の永遠の課題であるダイエット。でも「太る」という現象が具体的にどういった事なのかを具体的に理解している方は少ないのではないでしょうか?

「そもそも太らなければダイエットしなくていいのに…」というのはもっともな考えですが、そこはきちんと現実と向き合い、「太る」という事をしっかりと理解しましょう。


太るって一体どういうこと?

AMI88_konosyuoisisugi1264a500-thumb-815xauto-3710

人間は食事により生きていく為に必要となるエネルギーを摂取しています。そして生きているだけでこの食事で摂取したエネルギーを消費しているのですが、摂取エネルギーが消費エネルギーを上回った時に、人間はこのエネルギーを溜め込んでしまいます。

この際にエネルギーは脂肪細胞という細胞の中に溜められていき、この溜め込んだエネルギーを使わずにいると、この細胞が脂肪としてどんどん膨らんでしまい、結果「太る」という現象を引き起こしてしまいます。良く耳にするカロリーという言葉は、このエネルギーの単位を指します。

という事は当然ながらこの逆に、摂取カロリーを抑えて消費カロリーを増やせば体は脂肪として溜め込んだエネルギーを消費して生活する為、脂肪が減っていき痩せる事が出来ます。

当然この他にも生活習慣や生理周期といった理由もありますので、まずは自分がどういった理由で太ってしまっているのかを考え、上手に向き合っていきましょう。

ダイエットの天敵!?こんな成分は危険です!!

ダイエットの天敵と言われている成分に脂質・糖質・油分があります。これらは一般的に私達が「美味しい」と感じる物に多く含まれてる場合がほとんどです。

ノンカロリーを謳っている食べ物や飲み物は多く出回っていますが、これらにもショ糖が使われている場合が多くあります。ショ糖と砂糖はほとんど同じで、大さじ一杯で57キロカロリーにもなります。

57キロカロリーを消費するにはウォーキングを15~20分、ジョギングを10~15分続ける必要があります。

ジョギング

必要以上に体内に脂肪を蓄積した状態を肥満と呼び、一般的に肥満は糖尿病や高血圧といった生活習慣病を合併してしまう危険性を持つ為、危険だとされています。きちんとした健康の為にも、余分な脂肪を溜め込まないというのはとても大切な事なのです。

どらくらいの体重を目指したら良いのか分からない…

ストレッチ

それでは自分の理想体重を知りましょう。BMIという言葉は耳にした事があるのではないでしょうか?

こちらはBody Mass Indexの略称で、体の肥満度を表してくれます。BMIは

体重kg÷(身長m×身長m)

といった計算式で簡単に割り出す事が出来ます。

例えば身長160cmで体重が50kgの方のBMIは

50÷(1.6×1.6)=19.5

となるので、標準的な体型となります。

日本人の理想値はBMI22で、BMIが25を超えると肥満気味だと言われています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ