座り方の改善でダイエットができる!?美女OLが実践する正しい座り方とは。

座り方

座り方を改善すればダイエット効果になる?

本当にそんな不思議な現象が起きるのでしょうか・・・。

少し疑問も残るところではありますが、「ダイエットをしているのになかなか痩せられない」という女性も多く、サプリや運動をしていても体重が減らない…なんて事はありませんか?

それはもしかすると日々のデスクワークや日常生活での座り方に問題があるのではないでしょうか?

座っている姿勢が悪いと、内臓が下に下がったり、筋肉の衰えなどから脂肪も付きやすくなると言われています。

今回は、そんな女性の為に、正しい椅子の座り方について紹介したいと思います!!

座るときに意識するポイント

【背中を丸めないで座る】

仕事の関係上、パソコンを見る機会が多いデスクワークの女性は注意が必要です!

長い時間椅子に座っていると、徐々に背中が丸くなったり、パソコンに集中して意識する為、自然と姿勢が悪くなっていきます。

仕事でパソコンを使っているときでも、背筋や姿勢を意識して、デスクと椅子の配置が正しい位置になっているか?などを気にして、できることから改善しましょう。

※クッションや座布団を腰の後ろに置いておけば、比較的簡単に良い姿勢が作れます!

【足(脚)を開かないようにして座る】

座っている間、知らぬ間に足が開いていませんか??

また、足が開いているだけでなく、膝と膝の間が離れていて方に関しては、筋肉の劣化が原因です。

太ももの垂水からセルライトが増えてしまう可能性もありあます。

※この状態が続くと脂肪もついてしまうので、早めに意識して改善しましょう!

【椅子の背もたれに頼らないで座る】

椅子のほとんどには背もたれがあります。

正直、背もたれによりかかって仕事をしている方も多いでしょう。

ただ、姿勢を正す事から始めるダイエットに関してはこれすらも意識しておかなければなりません!

※背もたれによりかからないように習慣づける事が必要です♪

【膝を冷やさない】

デスクワークの仕事やオフィスの仕事では、エアコンがついていると徐々に寒くなってきて冷えがちになります。

膝だけでなくお腹や太ももなど他の部位が冷える事によって消化吸収機能がうまく働かなくなってしまいます。消化吸収機能が働かないと基礎代謝が低下して、太りやすい体になってしまうので、注意が必要です!

デスクワークの方は、膝掛、ブランケットなどを持参しておくと良いでしょう♪

ダイエットに向けた座り方まとめ

座り方まとめ

座り方に関しては、いかがでしたでしょうか?

ダイエットサプリの服用や運動なども、もちろん効果的ですが日々の日常生活からもダイエットの為にできる事はあるのです!

サプリや肥満治療薬のみに頼らずに、自分自身でも簡単始められる習慣の見直しをすると良いでしょう。

お腹の下から下半身を意識した座り方を癖づけて、女性でもカッコイイ美ボディを作れるようにしていきましょう♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ