腸を健康にすると痩せる?!『腸内フローラ』作りでダイエット!

腸内フローラ

『腸内フローラ』という言葉、ご存知ですか?

近年、この『腸内フローラ』の状態が悪いと、太りやすい体質になってしまうということが分かってきました。

いくら食べても太らない人っていますよね?
そういった人たちは腸内のバランスが常に正常に保たれているため、太りにくいのです。

ぜひあなたも腸内細菌のバランスをよくして、「太らない体質」を手に入れましょう!

『腸内フローラ』ってなに?

腸内フローラとは

人間の腸内には数百種類、600兆個以上の細菌が、腸の壁にグループを作って住んでいます。
顕微鏡で腸の中をのぞくとまるで「お花畑」のように見えることから、腸の中の細菌の状態のことを『腸内フローラ』と呼んでいます。

腸の細菌バランスとして理想的なのは、「善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見菌7割」の状態です。
ストレスや食生活によって悪玉菌が増加すると、下痢や便秘などの体調不良が起こりやすくなり、肌荒れ、肩こりなど老化現象にもつながるといわれています。

腸の状態が悪いとお腹が痛くなる、というのならわかりますが、肌荒れが起こったり、疲労がたまったりするというのはちょっとびっくりですよね!
このように、『腸内フローラ』は体の様々なところに関係しているのです。

では、いよいよダイエットとの関係についてみていきましょう!

痩せてる人と太っている人の『腸内フローラ』何が違うの?

違い

代表的な肥満の原因と言えば、「食べ過ぎ」、「運動不足」です。
それに加えて、最近では第三の肥満の原因として「腸内細菌のバランス」が挙げられています。

痩せている人と太っている人の腸内は一体どこが違うのでしょうか?

それはズバリ、「ビフィズス菌の量」です!
ただし、このビフィズス菌はただのビフィズス菌ではありません。

ビフィズス菌がお腹に良いという話はよく耳にすると思いますが、肥満に関係しているこのビフィズス菌は、「ビフィズス菌B-3」という種類のものだけです。

ビフィズス菌ならなんでもいいというわけではないのです。
腸内環境を整えて痩せようと思ったら、ビフィズス菌の種類に気を付けて選ぶ必要があります。

「ビフィズス菌B-3」を効果的に摂取するには?

ビフィズス菌B3

ビフィズス菌B-3は、スーパーやコンビニなどで売っている市販のヨーグルトにも含まれています。
ただし、含まれている量が商品によって違うので、ダイエット効果を求める方は「B3配合」とうたっている商品を購入することをおすすめします。

「毎日ヨーグルトを食べるのはちょっと・・・」という方には乳酸菌サプリもおすすめです。
B3に特化したサプリなら含有量もヨーグルトより格段に多いので、気軽にビフィズス菌B-3を摂ることが出来ます。

毎日続けて摂取することで1か月で腸内フローラの状態は変わってくるようなので、ぜひ続けてみてください。

ビフィズス菌B-3で『腸内フローラ』を健康な状態に保って、太らない体質を目指しましょう!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ